14歳で帰国船に乗った石川学さん
北朝鮮での30年とは何だったのか?

第8回 帰国後の学生生活

同級生にからかわれる北での学生時代

帰国したの私はまだ14だったので、恵山に来てすぐ恵山高等中学校に入学することになりました

北朝鮮の義務教育の編成は日本と異なり、小学校4年間、中学校5年間です。*注  私は日本にい中学3年生だったので、本来ならば中学5年生として転入すべきですが、教科書を読んでも朝鮮語で書かれてい内容全く理解できなかったため、一つ下の中学4年生転入することとなりました


中学への転校初日はいつになく緊張したのを覚えています。当時を振り返ってみると、日本とは全く異なる社会環境に入ったこともあって、ずっと神経が張り詰め状態で生活していたんでしょうね。


一学年200人ほどの生徒のうち帰国者56いました。帰国者の生徒たちは珍しがられ、馴染めず、私の学校生活順調に始まったわけではありませんでした。
私の朝鮮語の発音日本訛りだっので、何かを話すたびに同級生たちに笑われました。サッカー部の活動着替えに持参した日本ズボンを周りから取り上げられたこともありました。
バカにされて悔しい気持ちでいっぱいでしたが、今振り返るとまだ子どもしたし仕方ないことだったのかもしれませんね。


勉強に燃えた中学時代

何より一番大変だったのは勉強付いていくことでした。日本にいた頃の私は両親の離婚を言い訳にして勉強なんてしなくてもいいんだ なんて開き直っていました。

学校にただ寝るために通っていたと言っても過言ではないでしょう。両親離婚の毎日は不幸なだから、勉強している場合じゃないんだ思い込んでいました


そんな私でしたが、帰国決まってからは違いました平等に学びたいだけ学べる「祖国」では言い訳は通用しないだろう勉強するんだ、自分を変えなければ そう私は決意し覚悟を決めました。

日本ではテストの時いつも白紙状態で出してしまうほど勉強しなかった私したが、帰国後自分なりに一生懸命努力しました


しかし努力も虚しく、恵山の言葉は標準語ではなく訛りが強かったこともって、先生の説明を必死に聞いても内容がほとんど理解できませんでした。それでも自分は心を入れ替えたんだ頑張って勉強しなければ 理解できなくとも、一度決めた決心を曲げることはありませんでした。


そこで、3年上の帰国者の友人から日本語の参考書を借り授業で習った内容の復習を始めました。授業中朝鮮語で説明されるため理解できなかった部分も、日本語で書かれている説明文を読むと「なるほど、先生が言ってたのはこのことか!」とだんだん分かるようになりました。次第にかることが増えていき、ついに満点を取れるようにまでなりました

 

私の姉はずっと大学進学を夢見ていましたが、帰国してもその夢は叶わず、二人の弟ために尽くしました。日本にいた離婚した両親に代わって私たち兄弟の面倒を見るために就職したので自分の夢をずっと犠牲にしてきたようなものでした。そんな姉は、自分が大学に入れなかった代わりに、市の委員会に弟をなんとか大学に入れてくれないかと頼んで回りました。


毎日の勉強の積み重ねと姉が市の委員会に頼んでくれたことが功を奏し、卒業時に金策工業大学の推薦をもらえたのですが、残念なことに時期が悪く、大学が新入生削減した時期と重なってしまったため私は不合格となりました

証言集会で帰国者としての体験を語る石川学さん 2019年11月東京にて(撮影 合田創)

証言集会で帰国者としての体験を語る石川学さん 2019年11月東京にて(撮影 合田創)

◆大学を諦め高校へ

残念ではありましたが、中学を卒業後、大学は諦め恵山高等機械学校(日本の高校にあたる)に入学しました。そこでの担任は私と同じ帰国者でした同じ出自だったのですが先生は私に対して一切特別扱いをせずに厳しく接してくれました。


今振り返ると、日本と北朝鮮の両方の学校で過ごしたいろんな違いと差を痛感したように思います。教育制度の違いはもちろんですが、両の一番の違いは子どもたち生活マナーの差だと思いました。例えば、北朝鮮の学校でできたある私の友達は勉強がすごくできましたが、万年筆のインクが切れた時はペン先に向かってペッ唾を吐いて、髪の毛でこすってインクを出そうとしていました北朝鮮の子どもたちは賢いの、日本の子と違って生活をしていく上で必要な常識、マナーに欠けているなと感じました


恵山高等機械学校進学する頃、姉は精神病を患ってしまい、入院することなります当時の診断は分裂症でした。この悲しい出来事については、後に詳しく話したいと思いますが、姉が病気になった原因はきっと、帰国当初祖国」に抱いていた理想と現実のあまりにも大きなギャップせいでしょう。姉は希望し続けていた大学進学願い叶わず、配置先住む場所に関する希望も何一つ叶いませんでしたから

姉の入院を機に、私は兄の妻(現地の人)3人で暮らすようになりました私は当時からぶっきらぼうな性格で「ご苦労様です」一言すら自分からなかなか言えないような青年でしたから、兄の妻と良い関係を築くことができず、高校時代は毎日の暮らしが辛かったですね。

こうし日々を送っていくうちに、恵山高等機械学校を卒業しました。
私はいよいよ働くことになります。(続く)

 

*注 20201年時点の北朝鮮の義務教育は、幼稚園1年、小学校5年、初級中学校3年、高級中学校3年の計12年。

 

<<インタビュー 帰国者が語る北朝鮮の記憶 第7回

インタビュー 帰国者が語る北朝鮮の記憶 第9回1>>

 

ご家庭に眠る写真や映像資料の提供にご協力ください

私ども「北朝鮮帰国者の記憶を記録する会」では、皆様がお持ちの帰国事業にまつわる写真や、8mmフィルムといった映像資料等、後世に伝える資料として保存するためにご提供をお願いしております。

北朝鮮に渡航する前の生活や帰国船を待つ様子、「祖国訪問」の時の思い出など、ご家族やご親戚の写真をお持ちでしたら、ぜひご協力ください。
(2020年9月14日)

おすすめの記事